修理するための交換部品ですが供給期限があります

発電機 高価買取

発電機メーカーも製造終了したモデルは部品を永久に作り続ける事はありません。

製造終了から数年間は在庫されていますが、それも過ぎてしまうと
流通量の少ないものは、中古品やリビルド品も見つからず、最悪は修理が出来ない事態となります。

これを防ぐためには
非常用発電機は年に1回の消防点検が法律で義務付けられています。

この点検時に整備会社へ部品入手可能期間を逆算した
整備計画を立ててもらうこと

あと何年使用するのが
ランニングコストの費用対効果として限界なのか

次回更新時期をいつ頃に定めるか

後手にならないように
補修部品には供給期限があることを視野に

保守と更新の計画を立てられることをお勧めします。

次へ 自家発電設備の出力計算

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る