冷却方式について

発電機 買取

発電機の冷却方式は、空冷方式と水冷方式の2つあります。

空冷方式とは

ファンを使い風で冷やします。
当然、冷却水交換などの手間や管理が必要ではないため
整備の簡素化がメリットになります。

水冷に比べ冷却効果が弱いため、非常時でも長時間の連続運転には適さず
小型発電機のみに対応しています。

山奥の通信基地局などで多く採用されています。

水冷方式とは

冷却水を用い冷却します。
空冷方式に比べ、冷却効果が高いため、大型発電機はすべて水冷方式を採用します。

冷却方式には以下の4種類あります。

放流方式

水源から直接、水を引き込みエンジンの熱を回収した後
水は巡回せずそのまま廃棄されます。

メリット
構造がシンプルであり、冷却に用いるのラジエーターなど
コアユニットが無い分、メンテナンスの手間が省かれます。

デメリット
水源からの直流であるため、大量の水を必要とします。
また、断水時には使用できず、非常用発電機の用途としては、災害時の万が一に使えない可能性があります。

クーリングタワー方式

熱を回収した冷却水をクーリングタワーへ循環し
冷やしてからまたエンジンの熱を回収する仕組みになります。

2000kvaクラスの大型発電機になりますと
クーリングタワー方式や下記の冷却水槽式が使われます。

メリット
熱を回収した冷却水が循環するため、冷却水の消費が少ない。
断水時にも一定時間の使用が可能です。

デメリット
発電機とは別にクーリングタワーを設置する場所を要します。
主に屋外へ設置するため、発電機近くに設置スペースを考慮する必要があります。

また、クーリングタワーをはじめ給水管などの建設コストも掛かります。

冷却水槽式

巨大な水槽を用い、エンジンの熱回収した水を循環します。

メリット
クーリングタワーと同じく、熱回収した冷却水が循環するため
冷却水の消費が少なくすみます。
断水時にも一定時間の使用が可能です。

デメリット
水槽を設置する場所を要し、建屋や配管などの建設コストも掛かります。

ラジエーター方式

ファンが付いた冷却装置を搭載し、エンジンの熱を回収した水を冷やして
循環させます。

自動車やトラックに多く採用されており
最も身近にある冷却方式になります。

メリット
冷却水の消費が少ない
水源の制約を受けないため、断水時にも使用可能
設備を別に設置する場所も取らないため、最も多くの発電機に採用されています。

デメリット
ラジエーターファンに電力を若干取られるため、発電効率が下がります。
定期的に冷却水を交換しないと、ラジエーター本体の腐食による水漏れや
空気の悪い場所での使用は、目詰まりを起こしオーバーヒートのリスクを高めます。

海外の中古需要は?

設置と取扱いが容易なラジエーター方式に人気が集まります。

クーリングタワー方式や冷却水槽式は
大きなエンジンに適していますが、海外へ輸送するには
輸送コストの兼ね合いから中古品売買ではクーリングタワーや冷却水槽は
評価対象になりません。

発電機(ジェネレーター)に不具合が生じていても
評価価値が変わりますが、エンジンは船舶用として
流用可能のため、一定の需要があります。

次へ 非常用発電機のメーカー一覧

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る