発電機買い取り

大切な設備や車が水害・水没に遭われてしまったら・・・




少しでも被害額を回収する手段をご紹介します

地球温暖化の影響で、日本へ台風の上陸頻度も高くなり
加えて、局所的に集中豪雨が起きたりと、ほぼ毎年どこかで
水害、水没の被害が出ています。

ここでは水没した車と建機、機械設備と分けて
鉄くずにする前に、少しでも被害に遭われた金額を回収するための
売却する手段をご紹介します。




水没した車や建機は再販マーケットが確立されています

自動車や建機は
その車体の中古相場から水害度合を差し引いて算出されます。

水害度合とは
水没した時の水位、海水か淡水、泥水か真水なのか
被害に遭われた時にエンジンは始動していたのかなどで
修理に掛かる費用を算出するために導き出す情報です。

車両保険に入っていない場合
高年式車の自動車は、価値が出ますので解体に出す前に
一度、事故車買取業者へ見積もりを取る事をお勧めします。
低年式のトラックも同じです。

発電機や非常用発電機の水没は?
自動車に比べ、数は少ないですが買取をする会社もあります。
ちなみに、当社もその中の1社です(笑)




まとめ

自動車の場合は全損になりますと
保険会社が提携会社を通じ回収されます。
これは、水没した自動車のマーケットが存在する事を示唆するものです。

反対に、自動車と違い設置型の設備や発電機は
再販の市場流動性が低いため

建物や設備に対して補償を受けられる保険(事業包括保険)を
求償する場合、ほとんどのケースで補償受けられた後
その設備の処分は契約者側で行う事になります。


被害に遭われた設備の金額補てんに
鉄くずへ出してしまわれる前に、ダメ元でもご相談頂きましたら
ベストな解決方法を一緒に考えさせて頂きます。


次へ 防災以外でもバックアップ電源ニーズ

トップ/発電機マメ知識