撤去工事・解体工事費を大幅削減する方法

発電機 買取

どうしても費用がかさんでしまう撤去工事・解体工事費。
ひとつ工夫をすると、大幅な費用の削減が可能です。

この記事ではその具体的方法を3つご紹介します。

工事に占める費用の主な割合は
人件費、機材や機械の使用、処分費のウェイトが高いので、個別に削減していきます。

その1 処分費を削減する

機械のみならず、建物に残っている店舗什器や不良在庫品の残置物をまとめて売却する

その2 搬出費用を削減する

大きな機械は搬出するために、レッカーや重機、運搬にはトレーラーを要します。
そしてそれを動かす人件費。
当然、これらの機械を使用するのに1日あたり膨大な費用が出ます。

これをその1と同じ流れで、機械の搬出費用込みで売却します。

すると、搬出費用と処分費が同時に削減可能です。

その3 工程の一部を任せる

1と2の合わせ技です。
地下に大きな機械がある解体現場や、機器更新のケースです。

地下から地上までの開口工事は大元の業者が行い
地下にある大型機械の搬出部分を売却先にオペレーションさせる方法です。

こうすると、難儀な場所からの搬出においての費用は勿論
専門作業を分担させる事で、売却できる可能性が格段に向上します。

実際に弊社では発電機の買取にあたり、
1のケースでは
店舗什器や照明、在庫品も合わせて買取する事で、お客様の処分費削減に喜ばれました。

2のケースでは
他社のスクラップ買取では、搬出費用が大幅に上回ってしまい
弊社に相談を頂きました事例です。
当然、搬出費用を上回るリユース買取を実現したため、お客様は搬出費用の大幅削減となりました。

3のケースでは
地下部分の機器入れ替えに伴い、発電機を処分する相談です。
発電機以外の機器更新を依頼元が行うため、本件は地下と地上を繋ぐ開口工事を
依頼元がとり行い、発電機部分を弊社が搬出オペレーションする分担としました。
これにより、お客様は2と同様、搬出費用はもとより、受注した工事の大幅な工程削減となりました。

弊社では
発電機のみならず、店舗什器や特殊機械など、工事費削減に繋がるソリューションを
お客様へ提供していますので、お気軽にまずはご相談ください。

次へ 中古売買に影響を与える現地の輸入規制

発電機マメ知識