故障した機械を現地の人はどうやって直す?

高価買取 発電機

モノを修理する技術が進んでいる新興国

日本で故障した機械を、元のように元気にするため
大掛かりな修理を施すと、部品代や工賃、運搬費用で、高額な見積もりとなり
それなら、新品をと機械の入れ替えをされるケースはよくあります。

日本では修理の計算が合わない機械でも
新品が手に入らない新興国では、十分に修理をするに足りる機械になります。

現地の仕様に即した改造もできる業者も

ディーゼルなどの石油燃料が手に入りにくい島しょ部の国でも
豊富な天然資源を活用し、パームオイルやバイオガスなどの自然由来の燃料で
動くように改造できる技術力の高い現地業者と提携しています。

安価な人件費

物価の安い国では、1か月の給与が5万円に満たない国も多く存在し
徹底的に分解修理をして、日数が掛かっても
手間暇を惜しまずに完成できるものであれば、修理代はさほど掛かりません。

また、ベトナムなどは、国民性として手先の器用さが優れており
日本から故障した機械を輸入~自国で修理~第三国へ輸出も行われる
ほど、修理をする環境が進んでいます。

中古部品・汎用部品の流通

現地のアフターマーケットには、中古部品や汎用部品をそろえた
専門店街も形成されており、ここでも修理する環境が進んでいる事が
伺えます。

日本での目利きと取引姿勢が重要

いくら修理をする事に優れていたとしても
どこが壊れているか、よく分からないものは、彼らとしても海上運賃を
掛けて積極的に欲しいとは思いません。

信頼できる日本のパートナー企業から
コンディションレポートを見て、何が壊れているか、現地で調達可能の部品であるか
修理する日数はおよそ何日必要か
etc...

弊社では、WIN-WIN取引の前提として
レポートから現地の人が共通理解で判断できる仕組みがある事で

不安点を解消した部分が需要を喚起し、リユースを実現しています。

売り手・買い手双方に安心してお取引できる環境を可能としています。

次へ 能力は同じでも筺体サイズによって変わる買取価格

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る