発電機の原理・仕組み

発電機とは

磁石とコイルの相対運動によって、電流が流れる現象を用い
機械エネルギーを電気エネルギーに変換する機械です。

文字に起こすと難しいイメージですが

古くからある水力発電を例にすると
水車が回る回転運動を
磁気とコイルに連動させ、電気にしています。

ディーゼル発電機は
内燃機関(エンジン)のエネルギーをジェネレーター(発電機)と連結し
発電しています。

発電機買取

内燃機関で発電する発電機の利点は
天候や季節など外的要因に左右されず、必要になったとき直ぐに
いつでも安定した電力を取り出すことが出来る点になります。

このため、非常時や防災用に設置する非常用発電機は
ディーゼル発電機が採用されています。

同じように常用発電機も
長時間、大量の電気を必要な時に必要な分だけ発電させるのに
内燃機関を用いた発電機は、発電の安定性で最も優れています。

エンジンを稼働させる際に出てくる排熱を使い
冷房や暖房、給湯など二次利用によりエネルギー効率を高める仕組みが
コージェネレーションシステム(通称コージェネ)になります。

タービン式発電機は、内燃機関や火力により熱せられた蒸気がタービンを回し
その回転運動を電気に変えています。

内燃機関(エンジン)で稼働する発電機は
使用頻度の有無に関わらず、オイルやホース類など
消耗部品を適正に交換や整備を施さなければ、稼働はおろか
周辺機器への故障を招く要因にもなります。

発電機をいつでも安定して使うためには
定期点検と整備が重要です。

定期的に整備・点検をすることで本来の性能を長期間維持できます。

発電機の点検・修理の専門相談サイトはこちら

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る