発電機・非常用発電機の違い

発電機買取

発電機は大きく分けて3つのタイプがあります。

常用発電機

発電機買取

常時運転により、大きな工場やプラントの電力を賄います。
長時間運転を想定して作られていますので、連続運転の耐久性に優れています。
原油が安価な時代には、電気代よりも自家発電の方に経済的メリットが
あり広く導入されました。

現在でも電気の基本料金を抑えるため
年間を通し電力消費量が多い時期や時間帯のみ自家発電機でまかなう
ピークカット目的で導入される会社様も多々あります。

常に動かしている事が多いため
オイル交換や冷却水交換など、毎月の点検とメンテナンスが欠かせません。

非常用発電機

発電機買取

地震や火災など、いざという時に起動するために作られています。
病院や公共施設など、人が集まる場所で、万が一の事態に備え
通常電源(商用電源)が停電した際、非常用電源のバックアップをします。

主な目的は2つあります。

防災用非常用発電機

消火栓ポンプやスプリンクラーなど、火災時に消火活動をするための
装置へ電力を供給する目的に作られた発電機です。

外箱(パッケージ)タイプのものは外箱自体に厳しい防火性を満たし
災害時には最後の砦としての役割を担います。

設置申請には防災認定品マークがついたもののみ認められます。

電気事業法に加え、消防法の適用範囲になるため
電気工作物の定期点検(電気事業法)の他
毎年の年次点検と負荷試験実施(消防法)が義務付けられています。

設計思想として毎日の運転には適しておらず、万が一の時に動かない事が
ないように定期的な予防保全の整備が重要となります。

任意の非常用発電機
上記の防災用負荷は加わらず、停電時に電力供給が出来ないと支障が出る
設備のバックアップ電源として活用されます。

一例では
製鉄や硝子などの工場で使う電炉や、半導体生産設備など
万が一、停電により商用電源復旧まで止まってしまうと
現状復帰が難しいなど、経済損失が大きなものほど必要性が高まります。

この場合
防災認定品が必須ではありませんので
設置されるロケーションや使用頻度により適した発電機の選定が求められます。

移動用発電機

発電機買取

工事現場などで用いられる持ち運び可能の発電機です。
可搬型発電機ともいわれます。

連続運転は可能ですが
常用発電機のように、長時間及び長期間連続運転をする用途には適しておりません。

移動させる用途に特化しているため
狭い箱の中へコンパクトにエンジン・発電機・操作盤を搭載しているので
連続長時間運転には熱が溜まりやすくなります。

また、整備に関しても
簡易的な整備は問題ありませんが、エンジン整備など重整備になりますと
パッケージを取り外す必要が出てきます為、現場修理より工場持ち込みが
必須となります。

いずれの発電機においても
定期的に整備・点検をすることで本来の性能を長期間維持できます。

発電機の点検・修理サービスサイトはこちら

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る