発電機売却のトラブル事例と対策

発電機を売却される際のよくあるトラブル事例をまとめています。

主に会社資産を売却するご担当者様を想定しています。

これまで、弊社にご相談頂いたご担当者から
過去にご経験したトラブル事例から、その予防策をご提示します。

①見積書の金額訂正や取り消し

エンドバイヤーが別の発電機を購入した
発電機自体の価値や撤去工事費用を読み違えた

よくあるケースでは上記理由が考えられます。

この対策としまして

過去の実績は豊富か
発電機を主体とした事業か

しっかりと可視化出来なければ、どんなに良い売却価格でも
先のトラブル事例が発生するリスクを内包しています。

中古市場の相場変動があるとはいえ
そんなに都合よく
急激に価値が半減したり、需要が喪失したりはありません。

転売先に逃げられた
分不相応の発電機を取り扱いしたなど

しっかりと見極めるポイントは
過去の実績と何を主体としているかを客観的に確認出来る事により
トラブルを回避できます。

非常用発電機の耐用年数

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る