非常用発電機の蓄電池は消耗品です

非常用発電機 修理

いざという時に動かすための非常用発電機。
エンジンを始動させるためには、バッテリーが必要です。

車と同じですね。

普段動かしていないからと言っても、蓄電池(バッテリー)の蓄電性能は
だんだんと劣化をしていきます。

おおよその目安は5~7年。
屋外、屋内などの使用環境やメンテナンスによって異なります。

まずは保守点検時に
テスターで蓄電性能を計測します。

ここで問題がある場合に部品取替えとなります。

蓄電池(バッテリー)も発電機専門に修理をしている会社は
予備在庫を保有していますので、メーカーより費用と期間を圧縮できます。

次へ 発電機・非常用発電機の修理について

トップ/発電機マメ知識