50hzと60hzで中古売買の評価は変わる?

発電機 買取

結論 周波数により中古品の評価は変わります

50hzと60hzの切替スイッチがついているものは
影響ありません。

周波数の切替スイッチがついていない非常用発電機などは
影響が出ます。

理由は
50hzの方が中古需要の盛んな国が多くを占めるためです。

50hzを採用している国の一例では

アフリカ全域

中東
サウジアラビア除き50hz

ASEAN
フィリピン除き50hz

電力事情が乏しく
発電機需要の高い国に50hzが集中しています

ただし
60hzがまったく需要が無い訳ではありませんので
あくまで50hzと比較した場合です。

60hz採用国

台湾
韓国
フィリピン
ブラジル
エクアドル
ペルー
ベネズエラ
メキシコ
アメリカ合衆国
カナダ
etc

60Hz地域では
韓国、台湾が中古発電機の需要が盛んでしたが
政治的な友好関係の悪化や、輸入規制が厳しくなることによる
関税負担の増加が、中長期トレンドで中古発電機の相場を下げています。

次へ 【業界用語】車上渡しと置き場渡し

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る