中古発電機のニーズ

発電機 買取

海外で活躍する中古の大型発電機/非常用発電機

電力インフラの悪い国では、
日本では考えられないくらい停電が頻発します。

新興国では首都であっても日中の気温が上がると
消費電力が一気にあがり停電が起こります。

現地の人は停電は当たり前として捉えていますが
やはり不便だと口にします。

海外の電力インフラ

非常用発電機買取

長年に渡り政治が安定し
限られた国土の中へ至る所へ電力インフラの充実している日本は
国内の隅々まで電力が供給され、万が一の停電でも
大規模災害を除き、通常は数時間おそくとも3日以内に復旧されます。

インフラ資金が潤沢に回せない新興国は
過去の内戦など、国による様々な事情から
電力供給に課題を多く抱えています。

日本では
石油価格の上昇から、自家発電のコストメリットが乏しくなったり
経年劣化や老朽化により整備コストの上昇から
新品への入れ替えを行ったりと、選択肢が豊富にあります。

一方、慢性的に安定電力の不足する新興国では
インフラ構築に掛かる時間とコストから
発電機の需要は大型発電機非常用発電機のサイズを問わず、存在します。

国内・海外のどちらも経済合理性のもと判断をしますが
日本製の新品価格にまだ手が届かない新興国では、日本で老朽化のもと
役割を終えたと判断された発電機は「直して使う」価値がまだ存在します。

非常用発電機買取

需要はあっても、現地の会社は発電機のことに詳しくない日本の会社からは
購入しようとはしません。

ここは日本のユーザーと同じです。

また大型発電機非常用発電機
輸送から組立にいたるまで、売り手側のサポートを要します。

そのため、このような発電機は㈱ロジエイティブのように
専門特化して商品化できるまでのプロセスを要します。

大型の発電機は、日常の停電に備え病院や学校、店舗や工場、売電事業者
小型の発電機は、まだ電線が来ていない小規模の集落などで活用されています。

現地で新品販売されている発電機

そこで発電機の需要がある訳ですが
当然、現地でも日本製のほかに欧州製や中国製、韓国製の
汎用型から大型の発電機は新品販売されています。

非常用発電機 買取

日本製と比較し、価格も半額以下で流通しているため
新品需要では、日本製より中国製・韓国製の方が現地の人の多くが
予算との兼ね合いから購入対象となります。


中国製・韓国製発電機の評価

半値以下で新品購入しても、発電機の耐久性や信頼性は
日本の中古発電機の方が高いのが、現地の人が持つ概ねの評価です。

部品ひとつひとつの精度が日本製にはまだ届いておらず
安定して使える期間も日本製に比べ短くなってしまいます。


日本製の中古発電機が求められる理由

上記の様に、たとえ中国製・韓国製の新品が安価であっても
生産活動にも関わる発電機が故障ばかりしていては
仕事に支障が生じるため、古くなっていても耐久性の高い日本製が好まれます。

新品では予算の兼ね合いから購入出来なかった課題も
中古品になりますと、手の届く価格帯になりますので、そこに需要が生まれます。

現地で流通する中古発電機の課題

ただ、何でも日本製の発電機が売れるかと言えば、そうではありません。
その理由は、現地で補修部品が流通していない、或は現地で作る事が出来ない
パーツが多分に含まれる発電機は、中古品として流通しにくい事情があります。

基幹部品が手に入らない機械は直せないからです。

そのため、同じ日本製でもメーカーの人気・不人気が存在し
同一メーカーでも型式により価格差が生じる市場原理が働きます。

また新興国にも排ガスに伴う環境規制への対策が進展しており
古い年式の発電機はこの排ガス基準に該当するため

輸入規制の対象になったり、関税が大幅に引き上げられるなど
1980年以前の発電機はリユースが困難になってきています。

環境や自国産業保護による輸入規制は
厳しくなると、元に戻ることはありません。

売却・処分をご検討されるとき「いつのタイミングが売り時か」
質問を受けますが、上記の様に海外の輸入規制は日々変わっていきます。

そのため「売れるとき」が最良のタイミングであるとお伝えしています。

使われなくなった発電機は是非ご相談ください。

専門会社によるリユース買取を実現いたします。

発電機に専門特化した弊社のサービス

更新(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

修理

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

買取

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


発電機マメ知識一覧

トップページへ

次へ デスクトップよりノートPCが人気?