非常用発電機

非常用発電機とは

非常用発電機 買取

非常用発電機とは
通常時には使用は行わず、停電時や災害時に電源供給を行う目的にて
設計された発電機です。

昨今の台風による水害被害の甚大化により
長期間の停電を余儀なくされるケースは日本全国どこのエリアで発生するか
災害が生じても「どのように減災できるか」がスタンダードになってきました。

BCP(事業継続計画)では事業活動に影響を与える長期間の停電への対策として
非常用発電機導入は必須です。

また災害時の人命を守る役割を担います。

非常用発電機の用途は大きく分けて2つあります。

一般用非常用発電機

一般用非常用発電機とは

半導体工場やガラス工場、養鶏場など、停電をした際に
生産活動に支障が生じてしまうケースへのバックアップとして
非常用発電機を設置します。

発電機と繋げる負荷装置は所有者様の任意で取り付けます。

そのため発電機出力(容量)なども所有者様の使われたい用途にあわせ
選定できます。

近年、災害の甚大化や台風の大型化により
長期間の停電が起きることを想定し導入が進められています

【BCP】Business・Continuity・Planningも
日本語訳 事業継続計画

停電時でも事業活動に支障が出ないよう行うためには
自前の電力供給が必須となり、非常用発電機の導入が進んでいます。

防災型非常用発電機

防災型非常用発電機とは

不特定多数の人が出入りする施設や、身体の不自由な方が入居されている施設など
火災発生時に消火活動を行うための防災設備の設置が義務付けられています。

火災発生時に停電をしていても
消火活動、防災設備の稼働に影響を受けないよう、電力供給は
防災型非常用発電機が電力を賄います。

発電機容量(出力量)は施設に設置されている防災設備から
必要容量を消防法が定めた計算式にて算出をします。

そのため、発電機容量の選定は任意ではなく
計算式にて導き出された容量を下限として選定頂く形となります。

非常用発電機の導入・更新・下取りに関するお問い合わせ


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい