非常用発電機を更新されるときの注意

非常用発電機

防災用途の非常用発電機更新は選定容量が変わる可能性があります

古い非常用発電機、特に防災型の非常用発電機を更新される際はご注意下さい。

「現在付いているものと同じ容量で問題ないだろう」

設置した時と現在とでは消防法の改正が行われておりますので
設置当時と比べて出力計算式が異なり、必要容量を満たさない可能性が出てきます。

必ず事前に発電機負荷の種類、始動方式、用途、シーケンス(系統図)を確認し
計算をする必要があります。

現在の消防法に適した発電機の出力選定が可能になります。


消火栓ポンプはトップランナー方式の採用に備えて

防災型の非常用発電機を25年ぶりに更新されるご検討の際
近い将来、その非常用発電機が電力を供給する防災負荷(消火栓ポンプなど)も
更新しなければならない時期を迎えます。

25年前と現在とでは
消火栓ポンプを動かすモーターの始動方式も異なる可能性が高いため

現在の始動方式ではなく、今後更新した場合の主流になる始動方式に適合した
発電機の容量選定をしておくことが、将来の防災負荷更新時に起こる
容量不足の懸念を解消します。

消火栓ポンプを20年以内に更新される場合は余裕ある発電機選定が必要

例えば、現在は「じか入れ」方式で消火栓ポンプを始動しているものも
消火栓ポンプが老朽化し更新した場合は「トップランナー」方式に変わることが
想定されます。
この場合、始動時の消費電力がトップランナー>じか入れになるため
その容量を考慮にいれて発電機の選定をする必要があります。

参考資料
消火栓ポンプのモーターが新しいものに変わると

消火栓ポンプの始動方式

非常用発電機を支える基礎寸法

上記の様に、現行の消防法へ適合するため
非常用発電機の必要容量が大きくなる場合、屋外設置であれば心配されるのは
土台の基礎に収まるかが焦点になります。

現在設置されている非常用発電機の基礎寸法がギリギリの場合には
基礎の増し打ちが必要になる可能性もあります。

非常用発電機が屋内に設置されている場合

屋内設置、特に専用室にある場合には
発電機の容量が大きくなる~選定する発電機によっては筺体(きょうたい)の
サイズが大きくなる可能性があります。

非常用発電機の容量が上がることによる発電機室の改修有無の可能性

この場合、土台の基礎に収まるかの他に

壁から1メートル離れているか
換気量は足りているか

など発電機容量+建屋内の設置環境も考慮した選定が必要になります。

換気量が足りない場合は
防火扉の形状変更や換気扇の設置など承認を得るための
発電機室の改修工事が必要になります。

消防申請や発電機選定にご不安の方は
発電機専門サービスにてお悩みを解消します
発電機の点検・修理サービスサイトはこちら


発電機に専門特化した弊社のサービス

発電機の更新工事(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

発電機の修理・メンテナンス

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

発電機の査定・買取サービス

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


次へ 非常用発電機のメンテナンスコストを抑える

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る