50hzと60hzで発電機の買取評価は変わる?

発電機 買取

結論 周波数により発電機の評価(買取価格)は変わります

50hzと60hzの切替スイッチがついているものは
影響ありません。

発電機 買取り

設置型の発電機には周波数の切替が基本ありません

設置を前提とした発電機
周波数の切替スイッチがついていないため
大型機械や大型発電機非常用発電機などは
50Hzか60Hzかにより日本の中古発電機を欲しいと考える需要国への影響が出ます。

需要への影響が出る理由は
発電機の周波数変更には制御やエンジン回転数を変えるなどの仕様変更が必要になり

需要国の現地でも改造に要する費用(コスト)が掛かります。

そのため
周波数を変更する発電機が大きくなるのと比例して構造や部品価格などの
コストも上昇します。

つまり改造費用を投じても購入したい需要国のバイヤーがいる場合
中古価値-通関含む間接費用に加え+周波数改造費用=今回の機械や発電機予算
となります。

基本的には
50hzの方が中古需要の盛んな国が多くを占めます。

50hzを採用している国

アフリカ諸国ほぼ全域
中東諸国サウジアラビア除く
ASEANフィリピンと一部地域除き

電力事情が乏しく
発電機需要の高い国に50hzが集中しています

60hz採用国

台湾
韓国
フィリピン
ブラジル
エクアドル
ペルー
ベネズエラ
メキシコ
アメリカ合衆国
カナダ
etc

発電機を取り巻く輸出環境

50Hz地域

中東に関しては常に紛争によるカントリーリスクが存在します。
テロや治安の悪化により発電機の需要が大きく変動します。

ASEAN
かつてほどの爆発的な経済成長率はありませんが
加盟国のGDPや一人当たりの所得も安定して伸びています。

それに伴い自国産業の保護や環境規制の名目から
輸入規制が厳しくなってきています。

発電機も輸入許可が下りるためには
現地とのリレーションと専門性の高い会社でない限り、日本からの発電機輸出は年々
ハードルが高くなっています。

アフリカ諸国
需要はもともと高くあります。
しかし高年式などトップレンジの輸出相場は作れません。
地理的な問題から輸送費が高くなり、購入対象も低価格の発電機が多くなります。

60Hz地域

韓国、台湾が中古発電機の需要が盛んでしたが
昨今の日韓関係の悪化によりホワイト国からの除外は
高年式(新しい年数)の発電機を購入していた国の需要低下により
トップレンジの発電機輸出相場が下がりました。


発電機に専門特化した弊社のサービス

更新(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

修理

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

買取

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


次へ 【業界用語】車上渡しと置き場渡し

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る