発電機にまつわる50hzと60hzについて

発電機買取

hz(ヘルツ)とは

電気には直流と交流があります。
電力会社から供給される電気は交流です。

電池で言えば、プラス極とマイナス極をイメージすると
1秒間にこのプラス極とマイナス極を入れ替わっている回数を
周波数と呼びます。

南は静岡、北は新潟を境に
東日本(50hz)西日本(60hz)に分断されます。

背景には
明治時代まで遡りますが
電力会社である、東京電燈と大阪電燈で採用した
発電設備がドイツ製(50hz)とアメリカ製(60hz)により
設備に合わせる形でエリアによる周波数が分けられました。

Hz(ヘルツ)が変われば電圧(V)も変わる

50Hz地域で使用していた場合、例えば低圧では
200Vか400Vになります。

60Hz地域で使用する場合には、200Vは220V
400Vは440Vへの設定変更が必要です。

家電製品など出力容量の小さいものは
内臓されているインバーターにより
どちらで使っても支障が出ないように作られています。

非常用発電機など、災害時に大きな動力を動かす目的に作られた機械は
あらかじめ設置される地域の周波数に即した設計をしています。

工事現場で使われている可搬型発電機

発電機 買取

工事現場により持ち運びをするため
50Hzと60Hzの切り替えスイッチがあらかじめ設計されています。

建物へ設置する非常用発電機

発電機 買い取り

もともとの設計思想に

設置した非常用発電機が周波数の異なるエリアに再設置したり
海外での使用や、再流通をすることは考えられていないため
周波数の切り替え機能は備わっていません。

つまり
東京で使っていた非常用発電機を、年式が新しいからそのまま大阪で使う事は
周波数が合わないため、設置できませんのでご注意下さい。

どうしても使いたいご要望のお客様には
商用電源とつないだ後に周波数を変えるの仕様変更の工事を行います。
仕様変更の工事価格は30~50万円程度を要します。
そのため、中古発電機でもそれだけの改造費用を投じる価値があるか
よくご検討をお勧めします。



発電機に専門特化した弊社のサービス

更新(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

修理

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

買取

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


次へ 50hzと60hzで中古売買の評価は変わる?

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る