実績多数!発電機・大型発電機・非常用発電機の買取専門 即日回答 撤去工事・処分費無料

発電機マメ知識
TRIVIA

2020.12.03

【 発電機 バッテリー 】非常用発電機 の 蓄電池 交換時期と価格

  • その他

発電機 バッテリー 非常用発電機 動かない 交換 蓄電池

 

防災型非常用発電機に搭載される蓄電池(バッテリー)

 

非常用発電機は、普段動かすことがない発電機です。

火災時や停電時に自動起動するためのバックアップ電源としての役割として設置されています。

 

防災型非常用発電機は、耐久性や始動性に厳しい基準を設けた

消防認定品の蓄電池が搭載されます。

一般的なバッテリーの寿命2年より長く、5~7年の交換タームです。

 

非常用発電機の蓄電池(バッテリー)交換の費用

 

発電機 バッテリー 非常用発電機 動かない 交換 蓄電池

 

 

非常用発電機の蓄電池交換には

 

蓄電池本体の価格

交換施工の労務費

運搬交通費

電池の処分費

諸経費

 

上記の内訳から構成されます。

この中で、蓄電池本体の価格はメーカーから卸価格は昨今の資源高の影響から

1年に何度も価格改訂(値上げ)が続いています。

もし見積もり検討を数か月に渡って行われる場合、見積もり有効期限内での回答をお勧めします。

 

価格差が生じる部分は蓄電池以外の労務費や諸経費を合わせた費用が

金額に大きな影響を与えます。

 

古い非常用発電機ほど蓄電池交換の費用が高い

 

発電機 バッテリー 非常用発電機 動かない 交換 蓄電池

 

非常用発電機の進歩は搭載される蓄電池にも表れています。

古い非常用発電機は始動用蓄電池(HS型やHSE型)が6~10個ついているクラスと比較すると

新しい非常用発電機は蓄電池(MSE型)2個程度です。

 

交換する蓄電池の数が少ない分、電池本体にかかる費用と処分費が安価になります。

 

 

非常用発電機の蓄電池は受注生産

 

非常用発電機に搭載されている蓄電池は、一般に小売り店には並んでいません。

すべて受注生産品になります。

蓄電池の交換には危険と取扱いを間違えると非常用発電機への故障に繋がるため

専門の有資格者が交換施工を行います。

 

 

非常用発電機の蓄電池を発注した場合の納期

 

 

発注から納品までは45~90日を要します。

昨今の台風や大雨により大規模な水の被害が起きますと

該当地域の蓄電池交換需要が急激に上がるため、メーカー生産の計画を大幅に超える場合もあります。

この場合の納期は通常納期より1.5~2倍余分に掛かります。

 

また直流電源盤などにあるアルカリ電池など、特殊電池は納期がこれより掛かります。

 

 

蓄電池は交換時期内に必ず交換する

 

非常用発電機 動かない 期間が生じるリスク

 

最低45日を要する非常用発電機の蓄電池は、始動不能で蓄電池の不具合が見つかっても

その間、非常用発電機が始動しないリスクを抱えます。

 

防災型非常用発電機の場合は

災害発生時に非常用エレベーターが使えない、スプリンクラーが起動しないなど

人命への大きなリスクを抱えます。

 

BCP用に設置した非常用発電機の場合には

停電発生時に資産を守るためのバックアップ電源を失う期間が生じます。

具体的には養鶏場の換気ファン、養魚場・養鰻場の酸素ポンプ、工場では電炉などが該当します。

 

これらのリスク期間を埋めるには、仮設バッテリーの設置で対策できます。

ただし、取付と取り外しの労務費と交通諸経費など、生じる費用と同じ容量の仮設が見つかるかなどの

時間と労力を要します。

 

 

交換時期を超過した蓄電池は充電基板に悪影響を与える

 

 

発電機 バッテリー 非常用発電機 動かない 交換 蓄電池

 

非常用発電機 の充電器板は高額かつメーカー生産が終了しやすい基幹部品です

 

放電した蓄電池を放置しておきますと

充電基板は不足した分の充電を常に行いますので、過充電状態が続き、充電基板の故障にもつながります。

充電基板は、普段動かない非常用発電機の蓄電池の充電を、商用電源を使い充電をコントロールしています。

 

充電基板が故障しますと

蓄電池を交換しても直ぐに放電してしまいます。

 

発電機 非常用発電機 を長持ちさせるには「予防保全整備」

 

防災用やバックアップ電源として設置している非常用発電機は

普段動かすことがないため、電気設備点検で異常を発見したときにはすでに故障をしています。

古い発電機になると、故障個所の交換部品が生産終了をしているリスクが生じます。

故障リスクを抑えるためには、必要最低限の予防保全整備を行うことで、発電機の長寿命化が可能になります。

詳しい解説は別記事にまとめています。

 

発電機 バッテリー 非常用発電機 動かない 交換 蓄電池

発電機の耐用年数について

 

発電機の耐用年数についての記事

 

故障個所が生産終了をしている場合の選択肢は、機器更新となります。

機器更新には高額な入れ替え費用が生じます。

当社は主事業が非常用発電機の点検メンテナンスをしています。

一年でも長くお使い頂けるようにメンテナンス計画をお作りしています。

 

発電機 非常用発電機 大型発電機 買取 売却 処分

大型発電機 非常用発電機の点検 メンテナンス
株式会社ロジエイティブ

 

非常用発電機の点検・整備・メンテナンス株式会社ロジエイティブのサービスサイト

 

重大な故障により入れ替え工事となる場合には

当社では壊れた非常用発電機でも下取りサービスをしています。

 

お気軽にご相談下さい。