実績多数!発電機・大型発電機・非常用発電機の買取専門 即日回答 撤去工事・処分費無料

発電機マメ知識
TRIVIA

2020.12.03

【 非常用発電機 更新 】いつが買い替え時?価格を下げる方法

  • その他

非常用発電機 更新 費用を下げるには

 

非常用発電機 更新 の費用内訳としては

非常用発電機本体、搬入出工事、据付工事、電気工事、産廃処分費、申請関係となります。

設置場所や容量により金額は大きく異なりますが、全体費用を下げるには共通する方法があります。

 

産廃処分費に掛かる項目を 非常用発電機 買取 サービスを活用することにより

処分費の費用負担を解消し、且つ買取価格が付けばさらに全体工事費のコスト削減に寄与します。

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

 

更新工事と非常用発電機の下取りをワンストップで対応していれば

確実に全体工事費は下がります。

 

非常用発電機の産廃処分には

オイルや冷却水、搭載燃料やバッテリーを抜き取りしなければなりません。

これは更新工事当日より前に行います。

 

当社の 非常用発電機 買取 サービスでは

オイル、燃料の抜き取りは引き取り後に自社で行いますため

更新工事の日数を短縮(コスト圧縮)も可能となります。

 

非常用発電機 寿命 は?

 

非常用発電機の買い替え時期について質問を頂きます。

機器状態により異なりますが、おおむね25年前後とお答えしています。

 

理由は構成部品の設計寿命とメーカーからの補修部品供給期間が影響するためです。

 

非常用発電機 維持費用 高くなるタイミング

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

 

エンジンとジェネレーター、制御盤から構成される非常用発電機は

各構成部品の期待寿命を超えない中で交換メンテナンスをしていれば

機器状態を良好に保ち、30年でも40年でも利用はできます。

機器寿命とは別の観点で、費用対効果が悪化または現実的に使えなくなるタイミングが訪れます。

 

維持管理の費用対効果が悪化するタイミング

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

 

メンテナンスをしっかりしていれば、長く使える非常用発電機も

補修部品のメーカー生産が終了してしまうと費用対効果は悪化します。

 

メーカーが補修部品の生産を終了するタイミングは

メーカー毎、機種ごとにそれぞれ事情が異なります。

 

パッケージメーカーの場合

非常用発電機の市場から撤退や競合他社に買収をされると

パッケージメーカーで設計をしている、制御基板などの電装品が入手困難になります。

この他には、新しいモデルチェンジを繰り返す中で

古いモデルの補修部品は生産終了を迎えます。

 

発電機は大きく分けてパッケージ・エンジン・発電機モーターの3つのメーカーから構成されています。

こちらの詳しい解説は下記の別記事にまとめています。

 

発電機,非常用発電機,買い取り,買取,耐用年数,法定耐用年数,簿価,償却,更新,検討,故障,電気設備,修理,台風,大雨,停電,コスト,メンテナンス,オイル,寿命,予防保全,費用,産廃,処分,搬出,査定,撤去,エリア,事例

発電機 耐用年数 について【非常用発電機の寿命】

発電機 耐用年数 について【非常用発電機の寿命】

 

エンジンメーカーの場合は

パッケージメーカーの部品供給より比較的長く部品供給が行われますが

やはり古くなってきますと、ウォーターポンプなど大きな部品から順次入手が困難になります。

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

ウォーターポンプユニット

 

流通量の少ないエンジンはこれより早く、部品供給の終了を迎えます。

 

補修部品が入手できる間は修理ができますが、制御側の入手を出来なくなると

エンジン側をメンテナンスしても、制御側の故障を直せなくなるため

メンテナンスの費用対効果が失われます。

 

補修部品の調達期間を把握するには

 

1年に1度定期的に予防保全整備を行うことで、部品供給の終了時期を早く知ることができます。

部品供給の終了が分かった段階で、早めに対象部品の交換をしておくことで

機器を使う時期を延ばすことができます。

 

既に部品供給終了の箇所が故障している場合には

 

完全修理が出来ない状態にあるため、入れ替え(更新)を早期にご計画頂くことになります。

 

お客様の事情には

更新は2年後にしたいなど、あと数年は何とか持たせたいご意向も承ります。

セルモーターやラジエーターなど、部品供給が終わっていてもオーバーホールで直せるものもあります。

基板関係も箇所により直すことができます。

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

制御基板

 

基板修理の施工事例については下記の別記事にまとめています。

 

発電機 修理 故障 制御

生産終了モデルの非常用発電機制御基板の修理

生産終了モデルの非常用発電機制御基板の修理

 

 

修理箇所が広範囲で費用対効果が悪い場合

 

機器更新(入れ替え)を推奨します。

建物に設置されている非常用発電機は長期スパンになるため

つぎはぎの修理を施しても、補修部品が揃わない年式になりますと修理できないリスクを長期間内包します。

 

修理不能になった非常用発電機も、当社は下取りはもとより、買取により

更新費用の圧縮に貢献できます。

 

他社に断られた大型発電機 非常用発電機 買取 は専門会社にお任せください

 

大型発電機 は撤去工事をどのように進めればよいか、経験豊富な当社が売却担当者様のサポートをします

古い 非常用発電機 買取 も、メンテナンスを行う当社は整備ノウハウを活かした差別化により

これまで断られてきた大型発電機 非常用発電機 買取 が可能です

 

発電機 非常用発電機 大型発電機 買取 売却 処分

大型発電機 非常用発電機の点検 メンテナンス
株式会社ロジエイティブ

 

処分費の掛かる大型発電機や非常用発電機は、リユース買取により撤去費用の負担が解消できます

まずはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

発電機買い取りの対応エリアは全国対応

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御

 

発電機買い取りの事例

 

ロジエイティブ,logiative,発電機,大型発電機,非常用発電機,下取り,処分,買取,査定,価格,産廃,処分費,解消,廃棄,故障,買い取り,買取り,販売,修理,更新,耐用年数,買い替え時,寿命,メンテナンス,費用対効果,ウォーターポンプ,セルモーター,ラジエーター,制御