実績多数!発電機・大型発電機・非常用発電機の買取専門 即日回答 撤去工事・処分費無料

発電機マメ知識
TRIVIA

2020.12.04

他社が敬遠する公共施設の古い 大型発電機 非常用発電機 買取 します

  • 中古発電機のマーケット
  • 売買のトラブル

耐用年数を超過した 大型発電機 非常用発電機 買取 が敬遠される理由

 

公共施設などで多く見られるのは、設置から40年から50年を経過した 大型発電機 や 非常用発電機 です。

年式が古すぎる大型発電機 や 非常用発電機 買取 サービス利用による売却は難しいのが現状です。

理由は、リユース(再利用)として買取評価を敬遠されるためです。

 

需要国により輸入の際に年式規制がかけられます。

輸入自体が認められない年式や、高い輸入関税が生じるために買取が出来ないケースが出てきます。

 

弊社は年式に応じて該当する需要国を確保し、他社が敬遠する年式の大型発電機 や 非常用発電機 を買取します。

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

【事例】高速道路のトンネルに設置されている 大型の 非常用発電機 買取

 

高速道路にはトンネルがあります。

停電時でも安全走行を確保するため、バックアップ電源として非常用発電機が設置されています。

 

約40年経過した今回の非常用発電機もリユース(再利用)評価として買取させて頂きました。

 

公共性の高い施設では、メンテナンスをしっかりとされており、今回の 非常用発電機 も長く大切に使われています。

 

使用頻度を問わず 非常用発電機 は老朽化により買い替えを検討される

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

しっかりとメンテナンスをされている非常用発電機でも

経年劣化と共に使用頻度を問わず故障リスクは年々高くなります。

 

経年劣化を迎える前に交換する補修部品も

メーカーの方で生産終了を迎えると、修理が出来ない箇所が出てきます。

 

これ以上のメンテナンスをしても、修理出来ないリスクが生じるタイミングで

非常用発電機 は更新の検討に入られます。

 

 

大型発電機 非常用発電機 の多くは廃棄処分(捨てる)をされてしまう

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

メンテナンスがされていても、古くて補修部品も揃いにくくなった発電機は

一般的に買取査定を断られやすく、多くは産廃処分、廃棄処分をされてしまいます。

 

有価でも費用負担が生じる 大型発電機 非常用発電機 買取のスクラップ処分

 

発電機は大型化するほど、運搬と保管のコストがかさみます。

有価でのスクラップ引取の場合も、資源価格から運搬費用を差し引かれるます。

加えて、搭載燃料や冷却水の抜き取りなどは、所有者様の方で事前に行うことから

多くの場合、有価のスクラップ買取でも費用の持ち出しが出てしまいます。

 

流動性の低い大型発電機は、専門会社でも古くなると共に敬遠されてしまいやすく

所有者様が多額の費用負担を投じて、廃棄処理をしてきました。

 

ロジエイティブは古い発電機でも「まだ使える」を買取評価します

 

写真の発電機も1983年製の古い機械です。

補修部品の供給も生産終了を迎えています。

 

弊社は「まだ使える」発電機をリユース(中古)評価のもと買取をします。

古くても大型発電機を買取できる理由は

 

弊社が 大型発電機・非常用発電機 に専門特化し

アフターパーツの調達と年式に応じたマーケットを確保しているためです。

 

当社の主事業は 大型発電機 非常用発電機 の点検メンテナンスをしています。

これまで培った整備ノウハウや部品調達ルートを活用し、他社で買取できない 大型発電機 や 非常用発電機 の

リユース買取をして参りました。

 

 

売り手が懸念する 大型発電機 非常用発電機 買取 売却 のリスク

 

これまで費用面を除けば問題無く処理を進めていた大型発電機の廃棄処理を

中古品売買するのにご心配を持たれることは当然あります。

 

中古売買にはトラブルが存在するためです。

特に大型発電機や非常用発電機になりますと、その懸念はより大きくなります。

 

設置型の大型発電機 や 非常用発電機 は

撤去工事や商用ケーブルの離線、設置場所によっては道路使用許可申請など

事前にしっかりと役割を詰めておくことが多くあります。

 

専門外や経験の少ない仲介業者が介入すると

トラブル発生のリスクが高くなります。

 

そこでどのようなトラブルが多くあるか、トラブルの回避に有効な対策も

合わせてご案内します。

 

 

大型発電機 非常用発電機 の中古売買に起きる主なトラブル

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

売却情報の流出

 

スムーズに売却が進まない場合には、新たな転売先を探すためより情報の拡散が進みます。

バイヤーを連れて現物確認をする業者は情報流出のリスクを想定した方が良いです。

 

同伴した現地調査の結果

回答がいつまで経っても返ってこない状況では

 

同伴した仲介者とバイヤーとの間で取引が停滞している

別の転売先をそれぞれ探しているために、いつまでに回答が出るかの予測が立たない展開です。

 

対策としましては

バイヤーを同伴して現物確認をする業者には、情報共有の範囲を明文化する対策があります。

 

撤去工事が始まった後にトラブルになる

 

現場で打ち合わせした内容と異なる撤去工事、勝手に工事範囲が変わっているなど

現地打ち合わせをした記録を残さない業者とは、水掛け論になりやすいリスクがあります。

 

対策としましては

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

買取対象範囲と撤去範囲を現場で打ち合わせた内容をもとに書面化します。

できれば誰が見ても誤解が生じないように、図解の資料が望ましいです。

弊社では図解資料を作成し、作業工程や撤去範囲、責任所掌を記載します。

 

工事着手の遅延やキャンセル

 

大手法人様ほど、初取引になる場合には売却候補先の会社を調査したり

社内調整などで相応の時間を要します。

 

転売業態の会社の場合、タイミングが合えば在庫を持たない分高い価格での売却も

可能になる場合もあるメリットがありますが

 

在庫を持たない業態であるために、転売先からキャンセルが入った場合には

工事着手の遅延や、最悪の場合は買取契約の破棄を求めるなどのトラブルが発生します。

 

対策としましては

自社在庫を持たない仲介形態の業者は、リスクがあることを事前想定しておきます。

 

大型発電機 非常用発電機 の特異性や専門知識が乏しい、言動の不一致が見られる

 

商流の中にいる中間業者に知識の乏しい人間が介在すると、コミニケションロスが頻発します。

言動の不一致は中間業者の先の転売先が変わったなどの可能性が高いです。

 

対策としましては

このような兆候が見られた時には仕切り直しの業者変更もトラブル回避には必要になります。

 

トラブル事例とリスク対策については、下記にも別記事で掲載しています。

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

【大型発電機 非常用発電機 の売却 買取 の手続き】安心して売買を実現する為に

 

 

他社に断られた大型発電機 非常用発電機 買取 は専門会社にお任せください

 

大型発電機 は撤去工事をどのように進めればよいか、経験豊富な当社が売却担当者様のサポートをします

古い 非常用発電機 買取 も、メンテナンスを行う当社は整備ノウハウを活かした差別化により

これまで断られてきた大型発電機 非常用発電機 買取 が可能です

 

発電機 非常用発電機 大型発電機 買取 売却 処分

大型発電機 非常用発電機の点検 メンテナンス
株式会社ロジエイティブ

 

処分費の掛かる大型発電機や非常用発電機は、リユース買取により撤去費用の負担が解消できます

まずはお気軽にご相談ください!

 

大型発電機 非常用発電機 買取 エリアは全国対応

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機

 

大型発電機 非常用発電機 買取 の事例

 

大型発電機 非常用発電機 買取 査定 相場 処分 引取 発電機