【大型機械・大型発電機】重故障した機械を㈱ロジエイティブが買取する理由

高価買取 発電機


新興国の電気と雇用を創る発電機

日本の企業や施設に設置されている発電機非常用発電機
個人が所有する発電機より大きく、多くの電力を作ることができます。

発電機が古くなって入れ替えをされる際
廃棄処理の問題が出てきます。

一方
新興国では停電が毎日あります。

停電により人命を危険にさらすような施設も例外なく停電または
バックアップ電源が足りていないのが現状です。

日本で古くなった発電機非常用発電機
このような施設でも次のステージで活躍をします。

といっても、そのままの状態ではメンテナンスが必要です。

そこで発電機をメンテナンスする、非常用発電機を修理する需要が生まれます。

ロジエイティブが発電機非常用発電機を買取することで
日本国内で捨てられる運命にあった発電機を1台でも多くリユースできれば

日本の所有者様には産廃処分費の負担が無くなる
日本の産業廃棄物が減る
次の仕向け地(新興国)で電力不安を少しづつ解消できる
メンテナンスや修理、設置など発電機に関わる雇用を間接的に創出できる

大型発電機非常用発電機買取.comを運営する
株式会社ロジエイティブは発電機の買取を通して社会へ弊社ができる貢献をして参ります。

モノづくりの日本と労務費の安価な新興国それぞれの強み


日本で故障した大型発電機非常用発電機を、元のように元気にするため
大規模修理を施すと、部品代や工賃、運搬費用で、高額な見積もりとなり
それなら、新品をと発電機の入れ替えをされるケースはよくあります。

日本国内では大型発電機非常用発電機の買い替えしても
日本産の新品購入に輸入関税は発生しないため、海外より新品購入のハードルが低いことが恵まれた環境にあります。

なにより、発電機修理に取り掛かる大がかりな修理内容の際に発生する
日数×技術職の労務費を計算すると、多くの発電機は買い替えた方にメリットがでます。

日本では修理の計算が合わない発電機非常用発電機でも
新品が手に入らない新興国では、発電機からエンジンを降ろして
オーバーホールをするなど
手間暇かけても修理をする方が安価となる経済合理性が出てきます。


大型機械・大型発電機を輸入する現地から見た関税


大型発電機買取


大型機械・大型発電機に関わらず
物品を輸入しようとする際、品目ごとに輸入する先では
定められた料率の関税を支払います。

分解整備が必要なほどの修理を要する大型機械や大型発電機
中古品ではなく、リサイクルパーツや部品取りとして
新品機械はもとより、中古機械より安価な関税で輸入できることが
現地からみたメリットになります。

また大型発電機や大型機械は
現地の産業発展に貢献する品目と認められたものは
例外的に輸入が認められるなどの措置もあります。


発電機を燃料に合わせ特殊改造のできる現地業者と提携


大型発電機買取


ディーゼルなどの石油燃料が手に入りにくい島しょ部の国でも
ヤシ殻やパームオイルなど現地調達できる燃料特性に合わせれば
需要の限られているような発電機でもリユース(買取)価値を創出できます。

豊富な天然資源を活用し、パームオイルやバイオガスなどの自然由来の燃料で
発電を可能に改造できる技術力の高い現地業者と提携しています。


発電機を高度な技術で直す安価な人件費


発電機買取


人口構成で若年層の比率が高い新興国ほど
経済成長の中で、勤勉に技能を取得する意欲があり

物価の安い新興国では、1か月の給与が5万円に満たない国も多く存在し
徹底的に分解修理をして、日数が掛かっても
手間暇を惜しまずに完成できるものであれば、購入対象になります。

また、ベトナムなどは、国民性として手先の器用さが優れており
日本から故障した機械を輸入~自国で修理~第三国へ輸出も行われる
ほど、修理をする環境が進んでいます。

発電機の中古部品・汎用部品の流通


非常用発電機買取


現地のアフターマーケットには、中古部品や汎用部品をそろえた
専門店街も形成されております。

複雑な特殊構造のものは例外として
構造がシンプルなものや、市場に多く出回っているエンジン型式のものは
専門の部品商も多く存在し、探せば手に入る環境です。


㈱ロジエイティブが大型機械・大型発電機を流通できる理由


発電機買取


現地業者がいくら修理をする事に優れていたとしても
どこが壊れているか、よく分からないものは、彼らとしても海上運賃を
掛けて積極的に欲しいとは思いません。

彼らは
日本の悪いブローカーや中古機械業者より過去に
何度も騙されてきた苦い経験を持っています。

だからこそ
信頼できる日本のパートナー企業と認められると
お互いを尊重し合える本当のビジネスパートナーとなります。

ロジエイティブの
コンディションレポートを見て、何が壊れているか
現地で調達可能の部品であるか
修理する日数はおよそ何日必要か
etc...

弊社では、WIN-WIN取引の前提として
レポートから現地の人が共通理解で判断できる仕組みを構築しています。

不安点を解消した部分が需要を喚起し、リユースを実現しています。

売り手・買い手双方に安心してお取引できる環境を可能としています。


発電機に専門特化した弊社のサービス

更新(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

修理

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

買取

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


次へ 能力は同じでも筺体サイズによって変わる買取価格

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る