発電機・非常用発電機の修理について

非常用発電機 修理

非常用発電機の修理・メンテナンスが高い理由

非常用発電機の故障から修理を依頼したとき
「高いな」と感じるお客様も多数おられます。

主な理由として

非常用発電機をトータルメンテナンスできる技術者の希少性

発電機買取

非常用発電機は、内燃機関(エンジン)電気制御、発電機
基幹部品から構成されています。

そのため、エンジン整備だけ詳しくても
電気制御や発電機トータルで整備知識を持っていないと
修理が出来ないため、整備資格と経験をもっている技術者は
車の整備士に比べて希少性が高くなります。

スケールメリットが作れない

発電機買取

非常用発電機は施設に設置をされています。
そのため、オイル交換や整備においても出張整備となります。

工場への持ち込みであれば、1日複数台の対応が出来ますが
出張のために1日または遠方では前泊などの対応になるため
どうしても消化できる案件は限られてしまいます。


ユーザーからみた非常用発電機メンテナンスの課題

メンテナンス費用の他にもユーザー様から見た
非常用発電機のメンテナンスには課題があります。

非常用発電機の点検と整備の違いについての理解の相違

非常用発電機買取

点検と整備はまったく異なります。

非常用発電機は消防法と電気事業法の法令内にあるため
定められた期間に総合点検や電気設備点検が行われています。

点検はあくまで現状に問題が在るか無いかを確認する目的です。

整備は問題が生じる前の要因を交換整備により取り除きます。

よって、毎回点検をしているから大丈夫という認識は、現在の状態を指し
今後問題が起きた時に修理ができるかや、問題が起きないようにする事前対策は
別問題となります。

非常用発電機はメンテナンス委託先を確保しておく重要性

発電機買取

非常用発電機は点検だけでは将来も故障しない理由にはならないため
故障リスクを減らすメンテナンスを年に1回計画することが重要になります。

普段動かしている機械は不具合の予兆を確認できますが
非常時に動かす非常用発電機は、不具合要因を取り除く計画整備が必須です。

多くのユーザーはメーカーに相談をされます。
メーカーはサービス代理店や提携先を紹介しメンテナンスを行います。

しかしメーカー整備はどうしても過剰整備になりやすく
ユーザー様が負担する費用が高額化してしまい負担に耐えられないことから
メンテナンス頻度が下がってしまうことが課題です。

そのため予算に応じたメンテナンス計画を共有できる先を見つけておくことは
非常用発電機の維持管理費用(ランニングコスト)を圧倒的に下げられるかの
分水嶺となります。

当店ではそのようなお客様へ向けて修理の専門サービスを行っています。

オーバーホール

サービスレベルを見分けるポイント

提供資料から概算見積もりを出せるか

⇒まずはどれくらいの費用が必要かを答えられないと、次のステップも時間ばかりかかります

現地調査後の報告レポートはあるか

⇒何が故障してこの見積もりになったかの裏付けがないと担当者様が不安になります

報告レポートの説明はわかりやすいか

⇒専門用語ばかりの分かりにくいレポートは、社内報告に支障がでます

オーバーホールも対応可能か

⇒修理の技術レベルが把握できます

あと何年使うことを想定した費用対効果の提案をされているか

⇒生産終了の補修部品が含まれていたら、多大な費用を投じてもリスクが残る

修繕プランに緊急性と将来性リスクを分けて提案されているか

⇒現段階で必要なのか、過剰整備かどうか自主判断するためです

他にもありますが
まず見積もりが予想より高いなと思った際には
一度、専門会社に問い合わせてみる事をおすすめします。


更に詳しく発電機の豆知識一覧



発電機に専門特化した弊社のサービス

発電機の更新工事(入れ替え)

スケールとスキームの両メリットをお客様に還元します。
弊社は発電機の買取を通し、撤去・据付工事を多数行っておりスケールメリットを還元できます。
メーカー代理店に比べ平均50万円~の更新工事費が削減できます。

発電機の修理・メンテナンス

国産ディーゼルエンジンはメーカー問わず全て修理対応可能です。
弊社取引先様は上場企業様~大手チェーン店様、ビル管理会社様など
多種多様な業種から修理の依頼を直接頂いております
納入後も年次点検と整備、負荷試験含め万全のアフターサポートをお約束します。

発電機の査定・買取サービス

更新する発電機は100%下取りを致します。
お客様は産廃処分費の負担が解消され、更新費用は平均50~100万円コスト削減できます。


産廃処分・廃棄される前に発電機の搬出・買取査定を行います

発電機 メンテナンス 買取り

発電機の搬出が難しい現場
古くなり整備費用が掛かる発電機
長期間動かしていない発電機

発電機専門に行う弊社は買取から搬出工事までワンストップでお手伝いできます。


発電機メンテナンス・買い取りの対応エリア(全国対応)

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 北信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 中部 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

発電機メンテナンスと買い取り実績 メーカー

auto-pWWNBV.JPG
ヤンマー

auto-JihUey.JPG
東京電機

auto-ziYrz5.jpg
三菱電機

auto-UOdgZC.JPG
三菱重工

auto-qXdwoj.JPG
明電舎

auto-mX7jY9.JPG
コマツ/小松製作所

auto-hVAoLr.JPG
日立

auto-Jo0QIC.JPG
東芝

auto-tDHCBS.JPG
デンヨー

auto-PgR2h7.JPG
北越工業/AIRMAN

auto-fpPvL9.JPG
西芝電機

auto-My16PM.JPG
西日本発電機/ニシハツ

auto-Nf7VFj.JPG
富士電機/フジ電機

auto-XHfoGc.JPG
エネサーブ

auto-BDpiV2.JPG
新潟原動機

auto-9DIWo7.JPG
キャタピラー/CAT

auto-9NsPop.JPG
ボルボ/Volvo

auto-1RcELm.JPG
三井ドイツ

auto-RlMvDB.JPG
カミンズ

auto-Kl4TFW.JPG
デンセイ・ラムダ

発電機メンテナンスと買い取り型式の一例

YANMARAL20,YAP,AP,YAGシリーズほか
東京電機TKGP,TQGP,TMGP,THGPシリーズほか
三菱重工PG,S16,S12,S6,PTA,MGPシリーズほか
明電舎ZXM,E-AFシリーズほか
KomatsuSA6,SA12,S6,S12シリーズほか
HitachiBDE,BLDE,BHDE,QDE,QLDE,QHDE,KDE,KLDE,LHDE,JPほか
DENYODCA,LSE,USE,LSB,LS,SP,ES,TLG,DLGほか
AIRMANSDGシリーズほか
西芝電機NPF NTAKLシリーズほか
ニシハツPX,MSR,KSR,VSR,HX,YSR,ESRほか
富士電機GFVシリーズほか


古い発電機・故障した発電機・動かない発電機も買い取りします


発電機 買い取り

古くても、壊れていても
これまで大切に使われてきた発電機

想いと共に積極的に買い取りをさせて頂きます。

一台でも多くの発電機
廃棄処分される前に買い取りさせて下さい。

メンテナンスすれば蘇る発電機
現地の雇用を創ります


発電機の買取・査定は電話・メール・LINEから素早く回答


電話での価格診断

0572-74-3389

営業時間 平日9:00~19:00

メールでのご相談はこちら

✉ info@logiative.com

問い合わせフォームはこちら
お気軽にご相談下さい

LINEから簡単登録&クイック見積もり

発電機クイック査定

(QRコード読み取り)


次へ 発電機の廃棄処分費を計上するまえに

発電機マメ知識の一覧に戻る

トップページへ戻る